事業紹介

東光商事のビジネスモデルを紹介
「不動産」「住宅ローン」「ファイナンス」の3つの柱で
不動産業者様と住宅販売業者様をサポート

 東光商事の取引先の9割は、不動産業者様です。不動産事業では、プロジェクトを立ち上げ、お客様のパートナーとして共同で物件を開発するケースも。資金面で相談を受けた場合には、ファイナンスサービスを提供します。また、個人向けの住宅ローン事業も新たにスタート。住宅販売業者様のパートナーとしてマイホームの購入をサポートします。
 3つの事業は異なる方向性で力を発揮しますが、多くのシナジー効果も生み出します。不動産事業とファイナンス事業で築いてきたお客様からの信頼と実績を確固たるものにしつつ、そのノウハウをさらに発展させて住宅ローン事業を軌道にのせ、パートナー企業様とその先にいるエンドユーザー様を強力サポートします。

不動産事業
「買取再販ビジネス」

中古の戸建やマンションなどを当社で購入。賃貸物件として収入を得て、借り主が退去した後はリノベーションして販売します。

不動産事業
「賃貸料収入」

商業ビル、貸店舗、貸事務所、賃貸マンションなどを所有。賃貸料収入を得るだけでなく、入居率を上げて付加価値を高めます。

住宅ローン事業
「【フラット35】」

住宅販売業者様に住宅ローン情報を提供し、住宅販売をサポートします。

住宅ローン事業
「ブリッジローン」

住宅ローンのお申込みから、住宅が完成し融資実行されるまでの期間に発生する建築費用等を融資。住まいの建築が進むようにサポートします。

ファイナンス事業
「不動産担保ローン」

不動産業者様が物件を購入したり、建設・リノベーション等をするための資金を融資。販売や賃貸によるお客様の収入からご返済頂きます。

ファイナンス事業
「ビジネスローン」
「手形割引」

支払不足金、従業員給与などの運転資金や設備資金を融資。また、手形で回収した売上金を当社で現金化します。